学校概要 学校案内

本校は、JR大久保駅北部の丘陵地帯を切り拓いて造成された住宅地の中央部にあります。高台に位置する本校の校舎からは、風光明媚な四季折々の景色を眺めることができます。

明石海峡大橋の向こうから昇る朝日、播磨灘に沈んでゆく夕日は絶景であり、その間に見える淡路島は、天候により遠くにも近くにも見え、日々異なった様相を見せています。

隣接する池の周辺の湿地帯に目をやると、「ハッチョウトンボ」が飛び交い、その下には「モウセンゴケ」「アンペライ」「サギソウ」等の植物が分布しています。

上方を見やると、「コゲラ」「ヤマガラ」「シジュウウカラ」等が多く飛来しており、自然の豊かさに心和む地域です。

さらに、歴史的にも由緒ある土地柄で、校区の北東部には聖徳太子の命により四天王寺に瓦を納めたと言われる登り窯があり、古代との縁を感じさせます。

このような豊かな教育環境のもと、昭和50年8月1日に、全校生徒24名、教職員12名で開校しました。

その後、土地開発が急速に進み、校区は市内最大のベッドタウンとなり、ピーク時の昭和62年には全校生徒1346名、教職員54名の市内有数の大規模校となりました。

その後、生徒数は年々減少し、現在、開校41年目は全校生徒374名の明石市で2番目に小さい学校となっています。

そうした中、保護者・地域と学校のつながりは深まっており、「ブックママ」「数学・英語応援団」等の取り組みが自主的に進められています。

創立以来の『強く すなお 思慮深く』の校訓の下、『人権尊重に精神を基盤に、豊かな心と生きる力を身につけた生徒の育成』を学校教育目標に掲げています。

この目標実現のために教職員は『ふるさと高丘から未来へはばたく生徒の育成~自主性・発信力』を、生徒会は『百花繚乱~Everyone is different Everyone is special』をスローガンに、日々の取り組みを進めています。

これらの取り組みの一端をこのホームページで紹介し、皆様方のご支援・ご協力をいただきたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いします。

http://scwww.edi.akashi.hyogo.jp/~jr_tkok/mobile.php 学校行事の様子などを携帯からもご覧になれます