ごあいさつ

確かな学びを 

 2022年度(令和4年度)がスタートしました。子どもたちの「新しい学年でがんばるぞ!」という純粋で前向きな気持ちに応えるべく、私たち教職員は、新たな学校教育目標「未来の空を 青空に~ 自分から・みんなと・あかしで ~」を設定し、あかしっ子の確かな成長に向けて全力を傾ける所存でおります。
 本校校歌「空は晴れている」は、昭和32年、今から65年前に制作された新校歌ですが、その歌詞にある〝未来の空は晴れている〟は、現代社会においても重要な意味のある言葉です。このことから、未来の社会が持続可能で明るいものになる、言い換えれば未来の空が青空になるよう、明石小校区の地域素材を十分活用しながら児童自身の手で協働しながら夢や希望を実現する力を身に付けることをめざしてまいります。
 私たち教職員も、自ら行動し、協働して、地域とともにある学校をつくっていきます。
 これからの1年間、ご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 
 2022年(令和4年)4月
 
 学校長 長井 佐智夫