行事

全校
2022127日(木)元気をもらう言葉

更新日:2022/01/27 17時48分

サムネイル画像をクリックしていただくと拡大表示されます。

1

 明石市教育委員会からクラスで陽性者が出たときに濃厚接触者への特定としてのチェックポイントとして、①マスク着用(鼻マスクは×)②昼食時の黙食③手洗い・換気がなされているかどうかを学校が報告することにより濃厚接触者の特定に繋げています。
 『昼食時の黙食』ですが、私の記憶に間違いが無ければ約2年間、給食の時間も通常の授業での机の並び方(全員が黒板に向かっている)で、隣同士も机をひっつけることなく一人一人が分離して黙って食事を摂っている日が続いています。
 以前は、昼食時には班(だいたい6人)にして楽しく話しながら食事をする光景が普通でした。また、クラスによっては授業中も横同士の席をひっつけて2人のグループで授業を受けていた様子は、よき時代の光景となってしまったのでしょうか?中学時代だから経験できることができなくなっている現状に少し悲しくなってきます。特に3年生にはコロナ禍で辛抱をかなりしてもらっていることに申し訳なく思っています。
 3年生の廊下には、国語の時間?での「書き初め」が掲示されています。それぞれの人の新年の思いを書いた文字を見させてもらいました。少し紹介しますと、
「全身全霊」「日々精進」「有言実行」「自分らしく」「必勝合格」「文武両道」「初志貫徹」「全力投球」「一念発起」「高校合格」「笑門来福」「百戦錬磨」「切磋琢磨」「一心一意」
「一期一会」「粉骨砕身」「毎日精進」・・・、と元気をもらう言葉がたくさんありました。
 皆さんにはコロナウイルスに負けないで欲しいです。
 さあ、明日も元気に登校してきてくださいね。待っていますよ。

by校長(509)


1

http://scwww.edi.akashi.hyogo.jp/~jr_tkok/mobile.php 学校行事の様子などを携帯からもご覧になれます
明石のコミュニティ・スクールTwitterページ