行事

全校
2020821日(金)最年少での二冠獲得と八段昇段(藤井聡太さん)

更新日:2020/08/21 18時58分

サムネイル画像をクリックしていただくと拡大表示されます。

1

 今朝の新聞の一面は、将棋の第61期王位戦についてでした。最近の新聞記事は重たい内容のものが多い中、明るい話題が一面を飾ることで「ホッと」する感じを受けました。
 藤井さんは史上最年少の14歳2カ月でプロ入りし、17歳11カ月で初タイトル「棋聖」、18歳1カ月で「王位」の二冠を獲得されました。現在、愛知県の高校3年生です。
 世間から注目されるとプレッシャーや焦りが出てくるのが普通かと思いますが、いつも冷静な状況判断、正確な着手で相手の攻めをかわして勝利を挙げる力、学ぶべきところが多くあると感じました。
 インタビューの中で、「二冠の実感はないですが、そういう立場になっていい将棋を見せられるように頑張っていきたい」と語っています。また、師匠は「『タイトルとかの欲はないけど、負けるのがとにかく嫌』それが強さの理由である。」とコメントされています。
 『負けず嫌い』と言えば、傲慢な感じがしますが、自分が大切にしていることに対しては『負けず嫌い』になることは大切ですね。
 生徒の皆さんにとって大切にしていて、人に負けたくないことはありますか?
 今日は明るい新聞記事の紹介をしました。

by校長


1

http://scwww.edi.akashi.hyogo.jp/~jr_tkok/mobile.php 学校行事の様子などを携帯からもご覧になれます