トップ 教育目標 沿革研究 校歌行事以前のサイトお手紙警報時の対応アクセス
明治42年 4月 1日 創立 校名を明石第四尋常小学校と称す
大正12年 3月   明石第三小学校廃校に伴い、その大部分を編入児童数1200名
大正14年 6月  1日 校名を明石市大観尋常高等小学校と改める
昭和6年 4月   穴門工事開始 7月下旬完成
昭和16年 4月 1日 国民学校令により、校名を明石市大観国民学校と改める
昭和20年 7月 7日 戦災のため校舎全焼、校区も95%焼失、児童19名焼死
昭和22年 4月1日 学校教育法により、校名を明石市立大観小学校に改める
昭和23年 2月12日 木造二階建て校舎一棟新築
昭和25年 4月1日 特殊学級設置
昭和26年 4月16日 明石市立大観幼稚園併設
昭和26年 7月10日 給食室併設
昭和34年 8月5日 鉄筋校舎第一期工事完工
昭和37年 6月9日 鉄筋校舎第二期工事完工
昭和39年 4月10日 鉄筋校舎第三期工事完工
昭和41年 3月20日 鉄筋校舎第四期工事完工
昭和43年 3月18日 体育館及び特別教室竣工記念式
昭和43年 5月16日 大観小学校創立60周年記念式挙行
昭和45年 7月3日 プール竣工式
昭和48年 2月27日 給食室・特別教室竣工記念式
昭和50年 11月19日 文部大臣より学校給食優良学校表彰を受賞
昭和53年 6月4日 大観小学校創立70周年記念式挙行
昭和53年 7月29日 教育映画「うさぎの眼」の映画撮影舞台
昭和53年 11月11日 創立70周年記念施設総合体育遊具完成
昭和55年 11月25日 全校舎テラスの防護さく設置工事完了
昭和57年 10月6日 校舎大改装工事完了
昭和63年 11月6日 大観小学校創立80周年記念式典挙行
平成2年 1月17日 北校舎全階東西トイレ・手洗い場改修工事完了
平成6年 7月8日 北校舎改修工事着工、全外装の改修、西半分の内装工事
(音楽準備室、プレイルーム、ランチルーム着工)
平成7年 1月17日 阪神淡路大震災発生 南校舎のテラス陥没、各所に亀裂
平成8年 2月24日 阪神淡路大震災の地震復旧工事開始
平成9年 11月7日 明石市教育委員会指定 同和教育研究発表会
平成9年 10月31日 東播磨地区小学校道徳教育研究発表会
平成10年 11月7日 大観小学校創立90周年記念式典挙行
平成11年 4月12日 校舎改築工事着工
平成12年 11月1日 校舎移転
平成13年 11月17日 竣工記念式典挙行
平成15年 7月18日 穴門お別れ式
平成17年 1月27日 新正門開通と地下道完成を祝う式
平成20年 11月15日 大観小学校創立100周年記念式典挙行


百年の歴史

明石第4尋常小学校創立

本校は、明治42年4月1日に第4小学校という名で創立されました。

現在地の場所の一部に明石第四尋常小学校として開校され、学級数は12学級、児童数は約700名、二部授業をもって全国に聞こえ、大正2~3年頃には、北は北海道、南は沖縄に至る全国から、参観者が見えました。

初代校長には藤尾耕助氏(明治42.4.1~大正4.3.31)が就任し、創立から六年間はよい日本人の養成を目標とし、道徳教育、国民教育の徹底を図る。」を教育方針として教育が進みました。大正2年には、わが国最初の「学校体操教授要目」が公布され、これを機会に、全市的に学校体育の研究が進みました。

大正4年には2代校長に細見兵吉氏(大正4.4.1~大正11.9.30)が就任し、「児童の人間性への信頼感に立ち、体験労作の教育を重視し、自治、独立の気魂を養成する」が教育方針として打ち出されました。大正8年11月1日には明石市制実施されました。

大正11年になると3代校長に松下新太郎氏(大正11.10.1~大正12.8.31)が就任しました。大正12年3月には、明石第三小学校廃止に伴って、その大部分が本校に編入され、児童数は1200名となりました。

満州事変勃発

大正12年には4代校長に島津友治氏(大正12.10.1~昭和13.3.31)が就任し、自由主義教育から国家主義教育への過渡期に入ります。島津校長は「児童の個性を伸展し、身的生活の斉美を図り心力を陶冶して、自覚に基づく自己実現をなさしめ、有為な明石市民たる事によって聖旨にそい奉る人物に養成す」という教育方針を打ち出しました。大正14には高等科が設置され、本校も校名を大観尋常高等小学校と改めました。昭和5年になると、明姫国道の新設工事を国がおこし、明石大橋をつくり始めました。時の保護者会長が中心になり、明石市長磯野鶴太郎氏、当時の市選出の県会議員と共に、児童の安全通学のため、穴門工事を国の土木工事として施行されたいと度々陳情し、許可されて、穴門工事開初(昭和6年のはじめ)、穴門工事完成(昭和6年7月下旬)、明石大橋は昭和6年3月、竣工式をあげました。

当時の本校の校区は現在と違い、 鷹匠町・茶園場町・大横町・上水町・栄町・樽屋町・東戎町・西戎町・五分一町・一番町・二番町・三番町・新浜町・出崎町・川端町・西新町・王子町という、とても広い校区でした。

昭和6年、満州事変勃発し、その後に上海事変が起こりました。昭和12年7月、支那事変が起こり、 教育は年を追うごとに国家主義教育・軍国主義教育調に変化してきました。

B29爆撃機襲来!校舎焼失

昭和13年には、5代校長に土肥精一氏(昭和13.4.1~昭和18.3.31)が就任し、戦時下の教育として「教育勅語の聖旨を奉体し、小学校令第一条の目的を達成せんことを期し、教育諸法規、本県教育綱領、本市教育方針の徹底をはかり、忠良なる日本国民の養成に努む而して、教授、訓練、体育、養護を分立せしめず、これを打って一丸とし、渾然たる円満なる人格の養成に努め、人生を行ずる」が教育方針となりました。

昭和13年9月1日には、明石市王子尋常小学校が新設開校し、校区が変更されました。本校区から、茶園場町・西新町・王子町の全部を分離して、王子校区とし、明石尋常高等小学校から、大明石町、材木町・船町を本校区に編入、本校区から、鷹匠町は、王子小学校区へ編入されましたが、後に明石校区に編入されました。

昭和16年4月1日には、大観国民学校と加称されました。同年12月8日には大東亜戦争が勃発。軍事教育、決戦教育への道をたどって行きます。昭和18年3月の学事報告の一節には「……決戦下ノ敢斗精神ヲ強大ナラシメルタメ、水泳
練習、強行軍ヲ実施シ、耐寒訓練、武道ノ奨励等、最モ力ヲ注イダ点デアリマス……」とありました。

昭和18年には、6代校長として鈴木心一郎氏(昭和18.4.1~昭和20.10.9)が就任し、「教育勅語の御趣旨を中核とし、国体観念を明確にし、忠孝の大義に徹した日本国民の錬成に努む」と教育方針が打ち出され、勤労教育・行を通しての教育・団体訓練の徹底・精神教育の重視されました。

戦争の長期化は、物資の不足をまねき、特に、食料飼料の増産は緊急不可欠のこととなりました。昭和16年2月の文部省通達では、「学徒食料飼料等増産運動実施ニ関ズル件」とあり、同年4月15日、兵庫県通牒で、その実施を指示しています。

兵庫県青少年学徒食料飼料増産運動実施要項
● 趣旨

現下ノ時局ニ際シ、青少年学徒ガ集団勤労作業ニヨリ食料飼料木炭等ノ増産ニ協力シ、
ソノ実績見ルベモノアルモ、最近時局ハ一層重大ヲ加ヘ、特にニ食料増産ハ刻下喫緊ノ
要務タルニ鑑ミ、県下青少年学徒ヲ動員シテ食糧増産運動ニ参加セシメ、持テ青少年学
徒ヲシテ身ヲ挺シテく国難打開ニ当ルノ意気ヲ昂揚セシムルト共ニ、時局下最重要国策
タル食料ノ確保増産ニ寄与セシメントス

● 実施ノ内容

一、各学校青少年団ハ県又ハ関係機関ヨリ労力ノ援助ヲ求メラレタルトキハ速ニ生徒児
童団員ヲ動員シテ   所要ノ勤労作業ニ従事セシムルコト。 (集団勤労参加)
二、(略) (農繁期の各個勤労参加)
三、各学校青少年団ハ可能ナル限リ直営農場ヲ設定シ、之ニ生徒児童団員ヲ動員シテ
食料生産ニ従事セ シムルコト。(直営農場)

学校直営農場については、県のこの指示に従って、昭和17年から鷹匠町の私有地(五分一町・藤田栄蔵氏所有)を借り、開墾し、麦・さつまいもを栽培しました。昭和18年からは、明石公園の野球場の観覧席(市内小学校割当)を開墾し、大根・麦を栽培。運動場や校舎間の空地を畑に改造。麦・大豆・馬鈴薯・さつまいも等を栽培しました。

昭和20年になると、B29爆撃機が本土空襲を開始し、烈しさを加えたので、明石市学童の縁故疎開がすすめられ、大観校児童も1000名は田舎へ疎開しました。昭和20年7月6日、本校もB29爆撃機の空襲を受け、奉安殿と体育倉庫を残して校舎全焼し、校下もまた95%全焼し、在籍児童のうち、19名が焼死しました。当時の児童数は1581名、学級数は44学級、教員52名でした。昭和20年8月15日天皇の放送により終戦が宣言され、戦争は終わりました。

給食始まる

校舎が全焼した本校は、昭和20年9月~昭和21年5月まで、人丸国民学校の校舎を借りて授業を続けました。校舎の全焼、敗戦による精神的打撃、校舎の復興交渉、戦災校の新教育計画等の心身の疲労がもとで、鈴木校長は昭和20年8月下旬病床にたおれ、同年10月9日、自宅で病死されました。同年11月、焼け野原となった大観校の校庭で校葬を執行しました。

昭和20年9月15日になると新日本の教育方針が発表されました。昭和20年12月15日の「国家新道神社ニ対スル政府ノ保全、監督並ニ公布ノ廃止ニ関スル」総司令部の指令で御真影の返還が決定されました。

昭和20年の暮れになると、7代校長として山本年尾氏(昭和20.12.31~昭和27.3.31)が就任し、
①児童を失望と悲歎から救い、新しい希望と元気によみがえらせ、協同・和楽の校風を
作興すること。
②戦時中の児童の献身・純情・団結・従順さ・真剣さを賛美するとともに、児童の考えや
意見を尊重して、これを育てること。
③日本の新しい使命である平和・自由・民主の新しい花を咲かせ、万世のために太平を
開くことは、人類永遠の課題であり、教育の悲願である。平和のための愛情と理解へ
の教育、自由のための責任感への教育・民主のための個人の成長への教育を改め
て、教育の指標とすること。という三点を教育方針としました。

昭和21年度の大観校初等科第32回と高等科20回の修了書授与式は、昭和21年3月24日、人丸国民学校で挙行されました。昭和21年5月、文部省は「新教育指針」を発表します。その内容を見ると、新教育は平和的文化国家の建設と、民主的な国民の育成を目標とし、その重点としては、個性尊重と、女子教育の向上などがあげられています。また、教育方法としては、討議法の採用を強調しています。

保護者会長・大橋喜一郎氏は、昭和21年5月「1日も早く、大観校校舎を復旧せよ。間借授業を解消せよ」との全保護者、学校職員の要望が高まった機会に、校舎復旧運動を強力に進める決意を固め、須賀栄一氏・浜脇富雄氏と共に、市長市会に陳情すること十数回。昭和21年8月6日開かれた市会議員総会で「大観校ノ戦災校舎復旧ノ件」を全員一致で承認。建築予算は240万円(国庫補助140万円、明石市100万円)を出資することに決めました。同年8月以来市長命令で、明石市建設課長・笹井次郎氏(現在、大明石町、日本塗料会社社長)が、浜の宮飛行場の兵舎二棟(大阪財務局管轄)の無償払い下げ交渉に奔走。同年11月払い下げの許可を得て、同年12月浜の宮兵舎を解体運搬。同年近畿土建〔(明石市林崎町立石、河田文平社長)…現在なし〕が、工事を請負う。同年12月上旬、市会で〈大観校舎復旧資材の盗難をどう防ぐか〉について協議され、その結果、市会議員全員が交代制で夜警をすることを決議しました。きびしい冬の夜、市会議員諸氏が、献身的に夜警をし、盗難を防ぎました。こうして、戦災復旧校舎工事(5年すれば、立て替える条件の下に)を急ぎ、昭和22年8月29日。元校地に、二階建て1棟360坪。小使室・便所・各1棟を新築落成し、当日から自校に復帰し授業が始まりました。

校舎再建へ

昭和21年5月から、昭和22年8月までは、明石国民学校で間借り授業続行されていました。

昭和21年11月3日、日本国憲法が公布され、翌22年3月新憲法の精神にのっとった教育基本法が制定されました。その第一条には、教育の目的を次のように定めています。「教育は人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人 の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を 期して行わなければならない」

大観校初等科第33回と高等科第21回の修了証書授与式は、昭和22年3月22日の午後、明石国民学校で挙行されました。
教育基本法で9カ年の義務教育が定められ、国民学校は再び名を改めて、昭和2年4月1日 明石市立大観小学校として出発することになりました。

昭和23年2月12日、戦災校舎復旧(第二期工事)として、2階建校舎1棟(120坪)6教室を新築落成しました。昭和23年5月2日、育友会の発会式を挙行し、安藤貫之助氏が初代育友会長に就任しました。

精神薄弱児も人間として尊重されなければならないという立場と、教育学や心理学研究の進歩が相まって、特殊教育に対する理解が高まり、昭和25年4月、本校に特殊学級を設置しました。大観校区内児童が主で、他校区より希望者は余裕のある範囲で入学させてきました。年度によっては、他校区児童が半数を占める時もありました。
本校では、自立性をめざして特殊学級を経営し、

○教育方針
「将来社会的に自立させることを目標に、働く意欲を持つ子に育てたい」
○指導概要
「児童の生活を基底とした全教科・行事・特活等の統合形式による教育課程を編成し、飼育栽
培・作業・音楽・リズム・造形・活動・体育に重点をおいた指導¥をつづけています。
〔「特殊学級経営要項」による〕
学校給食は、昭和20年12月11日、文部・厚生・農林・三省次官より各地方長官あて、「学校給食実施の普及奨励について」の通牒が発せられ、この通牒にもとづき、ララ物資、放出物資を受けて、昭和22年1月より学級給食が開始されました。政府の奨励とアメリカの援助があいまって、学校給食の内容は年々充実しました。本校は県指定給食モデルスクールとなり、昭和26年7月10日現在の給食室(36.5坪)を新築落成しました。

昭和27年には、8代校長として横山信夫氏(昭和27.4.1~昭和30.3.31)が就任し、「和の職員組織を以って、地域の児童に即した指導を推進!父兄の教育に対する理解と協力を高め、学校環境の整備充実に努む」を教育方針としました。
市内で一番早く復旧した校舎も、浜の宮兵舎を移築したので、残念ながら、廊下をはさんでの暗い教室で、講堂は動揺による使用禁止、校舎至るところの雨漏り等が相次ぎ、年々その修理補強に苦心を払いました。

昭和27年8月、夏休みに職員作業で、子供銀行カウンターと購買部売り場を完成しました。教師と父母の意志疎通、相互理解をはかるため、昭和27年10月、はじめて、バス旅行を実施、好評を博しました。「歴代校長の額がほしいな」という要望がおこり、昭和27年から昭和28年にかけて、大観校職員が卒業生宅を訪問、やっと写真を揃えて、講堂に掲揚しました。

道徳教育論争が、昭和26年以来活発になり、地理・歴史復活の声が抬頭、戦後の民主主義が反省されだして、戦後の教育が反省され、修正されてきました。

昭和30年には、9代校長として原甚一(昭和30.4.1~昭和39.3.31)が就任し、戦災復旧校舎の解体、鉄筋校舎の新築が始まりました。原校長は、「①明朗な学校(誠実・協力・健康)=明朗な国家建設の要因 ②気品ある学校(礼儀・清潔・奉仕)=民主的社会的建設の要因 ③底力のある学校(真剣・自主・公正)=学習学校建設の要因 ④教師自身は、敬愛される先生(実力・熱心・誠実・親切・丁寧・不偏愛)となるべく、努力を積み、職員相互は和を以てし、児童に対しては、いつまでも慕われる永遠の教育を以て望む」ことを教育方針としました。

当時は、校地の両側に垣がなく何処からでも、出入りが出来る学校でした。教育委員会へお願いして、昭和30年10月、金網の垣と小学校と幼稚園用の門を作ってもらいました。

昭和30年12月、市内22校一斉に購入、ライブラリーを設置し、16㎜映写機購入。教育に映画を利用することになりました。
奉安殿とりこわし跡が、塵捨場になったので昭和31年3月、失対事業に依頼し、松蔭新田で樹木を、太山寺で必要な石をもらい、築山をつくりました。

在来の校歌が、時代の流れと学校事情に合致せないものとなり、しかも、気風を刷新するために、子ども等が、よろこんで歌う校歌がほしいとの要望が強まりました。そこで、作詞を竹中郁氏に、作曲を川澄健一氏に頼み、校訓とする明朗・気品・底力をおりこんだ現在の校歌を昭和31年5月に制定しました。

視聴覚教育がさかんになり、昭和32年7月12日、テレビを購入、教育テレビ番組の利用をはかるようになりました。

本校では学級増で、教室が不足し、昭和33年6月3日、特殊学級教室、ほか1教室を建ててもらいました。特殊学級教室は、2学級収容できる広さとし、いろいろと特殊な施設を講じました。(総工費2.308.000円 清水工務店施行)

これから、何十年も使用する校舎であるから、十分、研究し、悔いのないものにしたいというので、育友会役員各位と共に、処々を視察。結果として、名古屋市金城小学校の建築様式をとることに意見の一致をみて、昭和34年6月・鉄筋3階9教室(普通教室)竣工しました(建坪283坪、総工費1.750万円 曾根組施行)

昭和35年7月2日、職員室・講堂・その他の木造教室が白蟻におかされ、基礎及び、地上数尺まで、被害を受けたので、補強と、薬品駆除を行いました。

昭和36年1月、明石市大蔵字荷山にあった農林省明石蚕糸試験場廃止に伴い、土地改造に際し、今まで、生垣として植えられていた貝塚と、いぶきの寄付を受け、失対労務に依嘱して植樹しました。

それまでは、1尺(30㎝)ぐらいの高さのコンクリート塀で囲まれたゴミ捨場で焼却していました。しかし、西風が、まともにあたって危険であるし、焼却にも手間取っていたので、昭和36年2月、その南側に焼却窯を設置しました。

開園以来、10年間、園舎なく、小学校1年生の教室を借り、午後保育を続けていました。公立幼稚園をこのような状況下に置くことの不合理を解消していただくよう、声を大にして、叫んでいましたが、昭和36年5月、人丸小学校校舎解体の古材で、やっと、3保育室の竣工となりました。(総工費260万円 景山工務店施行)そして学級増に伴い、1保育室を増築。昭和37年3月竣工しました。(総工費100万円 景山工務店施行)
昭和37年5月には、鉄筋校舎第一期工事に引き続き、その西側に、同じ形式による鉄筋3階建、普通教室9教室を竣工しました。(建坪288坪、総工費2820万円 曾根組施行)
昭和37年9月には、本館講堂から東の木造校舎を解体し、講堂東側に、非常階段を附設、西部校舎を改造して、理科室・宿直室を移転しました。
昭和37年10月、運動場東側(学習園の西)に、児童の憩いの場として、藤棚を設置し、白と紫の2色の藤を植えました。(総工費16000円 中野工務店施行)
昭和38年6月、いくら禁止しても、通り抜けが後を絶たないし、不用心なので、育友会の費用で、東校門に木製の扉をつけました。(総工費26000円 黒田木材店施行)
昭和39年3月には鉄筋校舎第一期・第二期の南側に、別棟として鉄筋3階建、6教室分が竣工し、(建坪270坪)1階は保健室、宿直室、用務員室とし、2階と3階は普通教室各々2教室が竣工しました。(総工費2600万円 明石土建施行)

こうして、先人の方々が激動の戦前戦後を駆けぬけ、現在の大観小学校へとつながる礎が築かれ、今に至るのです。

 




〒673-0891 兵庫県明石市大明石町2丁目8番30号 TEL(078)918-5460 FAX(078)918-5461
           

           大観たからものマップなどのご意見・ご感想はこちらまでお願いいたします。