通学路の安全確保について(お願い)

 保護者・地域の皆様には、通学路における児童の安全・安心を確保するために、登下校を見守りくださり、本当にありがとうございます。特に、スクールガードの皆様には、毎日の児童の安全な登校にお力添えいただき、感謝申し上げます。これからも、子どもたちが、安全・安心に登下校できますよう皆様のご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

さて、明石市では、通学路における児童の安全確保に向け、道路を管理する国・県・市及び所轄の警察・教育委員会・学校・PTA・自治会等が、危険個所の合同点検を計画的に実施しています。本校では、平成30年度に合同点検を実施しました。次回は、令和10年度です。
 
 なお、通学路の安全対策が必要な場合には、随時の点検を活用することができますので、
不具合を見つけられた場合には、学校(TEL:918-5455)までご連絡をお願いします。

<参考資料>

☆ 明石市通学路交通安全プログラム【改訂版】

☆ 中崎小学校区 通学路安全対策箇所図(令和31月末現在)


 <令和2年度 随時点検における安全対策>

 ①学校前の横断歩道・マーク・マーク等、道路標識の塗り直し
 ②国道2号線から山陽電車人丸前駅までの両側外側線及びストップマーク、巻き看板「児童飛び出し注意!」の設置
 ③大蔵八幡町の東西道路の両側外側線の塗り直し




 

  
ながら見守り」活動について(お願い)

ながら見守り」活動とは、保護者・地域の皆様が、日常の活動を行う際に、防犯の視点をもって、子どもたちの見守りを行うことです。子どもの安全確保だけでなく、地域の防犯力の向上にもつながることが期待できます。

 保護者・地域の皆様のご理解ご協力をお願いいたします。

角丸四角形: 〇「ながら見守り」の例
・犬の散歩をしながら見守る
・ウォーキングやジョギングをしながら見守る
・通勤をしながら見守る
・自転車に「パトロール中」等のプレートを付けて移動をしながら見守る
・花の水やりや手入れをしながら見守る
・業務を行いながら見守る


 ※ 参考資料「警視庁生活安全局生活安全企画課」より抜粋

トップ