教育目標
「心豊かに強く生きる子どもの育成」

〜人権尊重の精神を基盤とし、知・徳・体の調和のとれた心豊かな児童の育成〜

 

指導目標

基本方針

(1)生命と人権尊重に徹した豊かな人間性を培う教育を推進する

(2)社会の変化に児童自らが主体的に対応できる力を養う。

(3)児童が共に学習・生活する場として、高い機能を備えた教育環境を整備する。

(4)学校・家庭・地域社会の三者が連携を図り、地域に根ざした特色ある学校づくりを推進する。

(5)職員研修を充実し、豊かな人間性と専門的資質や幅広い教養の高揚を図る。

 

努力目標
(1)〈学習指導の充実〉基礎的・基本的事項の習得と自ら学ぶ意欲・態度の育成を図り、個に応じた学習指導を展開する。

(2)〈人権教育の充実〉命の尊厳に徹し、人権感覚を育て、思いやりの心や共に生きる心をもち、偏見や差別に立ち向かう強い意志を育てる。

(3)〈生徒指導の充実〉人間的なふれあいを基盤とし、内面的理解と自主・自律の精神を養う。

(4)〈特別支援教育の充実〉全職員が教育の基盤と認識し、一人ひとりの状況に応じた学習及び生活指導を工夫し、特別支援教育の充実を図る。

(5)〈幼小中連携の推進〉小学校と幼稚園、中学校との連携を深め、互いの活動のよいところを取り入れ、継続した生活指導、学習指導が行えるようにしていく。

 

特色ある取組

総合的・体験的な学習を取り入れ、子どもたちが課題意識をもち、自ら進んで活動するよう取り組んでいる。そして、子どもたちが身についた力の変容を明らかにし、目標達成に近づけている。また、子どもたちが、「中崎」に誇りと愛着がもてるように1年〜6年までの生活科・総合的な学習の時間のカリキュラム「子午線の町ー中崎」をたて実践している。学社融合の授業(天文科学館・文化博物館・震災モニュメント等)を積極的に進めている。  

研究テーマ
「学びあいのある学びの場づくりをめざして」 〜豊かなコミュニケーション能力を育む〜
 学習の場が「学び合い」の場になるようしたいと考え、
  @ 自分の考えをのびのびと豊かに表現しようとする姿
  A 互いが認めあい、高めあおうとする姿
 を「求める子どもの姿」として捉え、互いを尊重できる学級づくりや子どもの実態に応じた授業づくりを進めている。
 また、始業前の中崎タイムを表現力やコミュニケーション能力を高める目的で、音読練習や一斉読書などに活用している。