本文へスキップ

 にっこり あいさつ 貴崎っ子

50周年記念 ドリーム50

”ドリーム50”「みんなでつなごう 夢のかけはし」

 貴崎小学校は、今年度で開校以来半世紀を迎えました。50年の歴史を歩んできたことに感謝の心を持ち、未来を担う子どもたちの夢や心を育む教育活動を展開します。
○4月「はるかのひまわり“絆”大作戦」パート1
 
 「はるかのひまわり」は21年前の阪神淡路大震災で亡くなられた6年生のはるかさんの家があった所から育ちました。それは「勇気と希望を与えてくれるはるかさんの生まれかわり」として大切に育てて伝えられています。昨年、よっといで農園やスクールガードの方たちがこのひまわりを育てました。今年は貴崎小学校の子ども達がみんなで育て、その種を東日本大震災で被災された方たちに「私たちと共に歩んでいきましょう」というメッセージを添えて12月に送ることを考えています。
 貴崎の街の方々の中にも「はるかのひまわり“絆”大作戦」に参加して頂いている方もおられます。本当にありがとうございます。貴崎の街がこの夏、黄色のひまわりで埋め尽くされることを期待しています。



○5月12日「貴崎小50年の歴史」
 
 地域の方(池田清隆さん、尾松芳輝さん、瀧井輝也さん)がパネリストで貴崎の街や学校の50年の歴史やエピソードを話します。明治、大正、昭和、平成時代の貴重な数々の写真と共にタイムマシーンに乗って50年以上の歴史をさかのぼっていきましょう!


○5月27日「貴崎っ子まつり」

 貴崎小学校の教育活動の特色のわんぱく団(1年生から6年生までの数人ずつで団を構成)」で活動します。毎年楽しいゲームやアトラクションをそれぞれの団が展開します。さて今年は何が飛び出すでしょうか。地域の方々もたくさん参加してください。


○6月3日「創立50周年式典」

貴崎小学校児童・幼稚園児が保護者、地域の皆様と共に50周年をお祝いします。貴崎幼小の関係者の方々にも出席していただき、シンガーソングライター石田裕之さんの夢コンサートや全児童の「花は咲く」の大合唱などもあります。楽しみにしていてください。「50周年記念ミニコミ誌発行」「50周年記念グッズの配布」も行います。(ドリーム50実行委員会のPTAの方たちが中心になり作製をしました)


○11月頃

 活躍しているアスリートの講演会を計画中です。(予定)


○12月6日「「はるかのひまわり“絆”大作戦」パート2」

 東日本の被災地に足を運んでおられる永坂美晴さん(望海在宅介護支援センター)にお話をしてもらいます。貴崎っ子達の心にたくさんの生きる力となるものがしみ込んでいくことだと思います。