menu明石市立二見北小学校

校長室からがっこうあんない

201893日(月)台風接近 中心気圧を測ろう

更新日:2018/09/03 15時41分

1


 台風21号は、非常に強い勢力のまま、先の20号と同じようなコースで明石を直撃しそうです。中心気圧は960hPaを下回ったまま上陸するとなると、これは記録的なことです。備えを充分にし、外へ出ないで、気象の情報に注意しましょう。
 さて、台風が頭の上を通過する場合、一時雲のない領域に覆われて、風が止んで晴れることがあります。この時は、まさに台風の目の中に入った状況を体験することになります。しばらくすると再び強風と豪雨に襲われるので油断は禁物です。
 2004年の6月21日(夏至の日でした)にこのような状況が実際に明石でありました。台風6号が午後1時に明石に上陸したのです。この時私は中学校の理科室で気圧を測りましたが、台風の目が通過した時の気圧は968hPaを示しました。今回はそれを下回るかもしれません。気圧計が無くても、カップラーメンのふたや、ポテトチップスの袋が、気圧が下がった影響で少しふくらむのを観察できると思います。家にあったら調べて下さい。写真はアネロイド気圧計です。

1

校長室から へ戻る

感動体験!兵庫
コロナウイルスへの対応
全国小学校理科研究協議会研究大会 兵庫大会
すぐメールの登録・更新について

携帯用ページはこちら

QRコード

学校行事の様子などを
携帯からもご覧になれます